SOLOtopima
solo thailand

PRODUCTS ABOUT SOLO Eyewear | OUR IMPACT BLOG BECOME A RETAILER LOCATION (shop & showroom)

solo_logo

solo_logo

SOLO Eyewear 女性職人画像

solo accessories画像


 

 

ABOUT SOLO Eyewear

 

カリフォルニア発のサングラスが日本初登場
サンディエゴで2011年に発売されカリフォルニアを中心に全米のセレクトショップ、サーフショップ、アウトドアショップで取り扱われています。
サンディエゴでデザインされたSOLO Eyewearはテンプルにリサイクルバンブーを使用し、
フレームはハンドメイド、レンズは偏光レンズで白内障の予防にもなる100%UVカット(UV400)を採用しました。
FDA(アメリカ食品医薬局)認定工場で作られ、売り上げの一部が発展途上国の目が不自由な人々の為に寄付される人と環境に優しい商品。
SOLO Eyewear(ソロ アイウェア)のコンセプトはCEOのJennyによりサンディエゴ州立大学のMBAプログラムで発案されました。
国際起業家コースに参加している時ポールボラックのOUT OF PROVERYを読む機会を得ました。
ポールボラックはネパールの貧困家庭に入り込み25年もの間貧困問題に向き合っています。
その本を読み進む内に世界には目の治療を深刻に必要としている貧しい国の人々がたくさんいる事を知ります。
そしてJennyはこの問題に真剣に取り組む事を決心しました。
Jennyは世界には約10億人もの人々が必要な目の治療を受けられなく、そして失明している人々の8割が手術により回復可能である驚くべき統計に遭遇します。
それらの統計からSOLO Eyewear(ソロ アイウェア)のビジネスのアイディアが生まれました。
SOLO Eyewear(ソロ アイウェア)はJennyによって2011年にスタートし、現時点で32ヶ国の1万人近くの人々を回復させました。
しかしまだそれは始まりでしかありません。
SOLO Eyewear(ソロ アイウェア)では日本の皆様のサポートとともに世界中の人々が健康でいられるように活動していきたいと考えています。
最後になぜSOLO Eyewear(ソロ アイウェア)と名ずけたか不思議に思われるでしょう。
私たちは1人の力、1つのアイディア、1つの行動が世界を変えられると信じています。
それでSOLO Eyewear(ソロ アイウェア)と名ずけました。

 

One person

One idea

One action

Can change the world

 

SOLOeyewearイメージ

SOLO Eyewear 治療イメージ画像

SOLO Eyewear 募金の使い方画像

solo thailand
世界中で10億人は眼科医療への診療をしていません。 世界の失明者の約80%は予防可能です。

solo thailand
SOLO Eyewearを購入された資金の一部が白内障の手術費用および処方眼鏡の購入資金になります。(日本では白内障手術援助のみ)

solo thailand
SOLO Eyewear では今まで32カ国で10,000人の患者を回復させました。その経済的影響は3,600万ドルに及びます。

SOLO Eyewear 募金イメージイラスト

 

 

日本での白内障治療への取り組み

 

SOLO JAPAN TEAM では、日本眼科国際協力会議(JICO)とパートナーシップを組み、発展途上国の白内障治療の資金を援助します。

 

「日本眼科国際協力会議 (JICO)」

理事長:藤島 浩

http://www.jico-jp.org/greeting/

 

 

 

アメリカでの取り組み実績(SOLO Eyewear USA)

 

処方眼鏡 & 白内障手術を受けた患者

SOLO Eyewearの取り組み画像

新規のお取引をご希望の小売店様は下記までご連絡ください。

SOLO Eyewear JAPAN

info@soloeyewear.jp

Hiroyasu Hara

詳しいお問い合せはこちらから⇒

twitter facebook google+ google+